手足口病 原因 症状 対処法

手足口病が原因の症状、対処法

スポンサーリンク

 

【手足口病の症状】
手足口病は毎年夏に流行する感染症です。
特に小さな子供が感染することが多く、感染すると眠れなくなることがほとんどです。
ここでは眠れない原因にどのようなものがあるのかを紹介します。
手足口病になると発熱、喉の痛み、口内炎、手足口に発疹・水泡といった手足口病が原因の症状が出ます。
この手足口病が原因の症状の発疹は手先や足先、口腔内以外にもお尻や口の周り、膝裏といった場所まで出てくることもありかなり広範囲に広がる場合もあるものです。
手足口病が原因の症状が出ることでも特に問題となるのが口の発疹です。
口の発疹が出ると食事をする際に口の中に痛みが出てしまうために食欲が落ちてしまったり、脱水症状を起こしてしまったりすることもあります。

 

 

【子供が泣きやまない】
赤ちゃんや子供は体調が悪くても自分の手足口病が原因の症状を説明することができません。
そのために泣きやまないことも多くあります。
泣いているのは赤ちゃんにとって何か伝えたいことがあるためです。
そこで、手足口病が原因の症状になると症状の辛さから泣きやまないこともあります。
赤ちゃんや子供が泣きやまないということで大人は焦るものですし、なんとか泣きやませたいと思うものです。
泣き止むためには症状を緩和することが重要となります。

 

 

【眠れない原因】
手足口病が原因の症状になると、赤ちゃんや子供が泣きやまないことからなかなか眠れないこともあります。
このような眠れない原因は泣きやまない原因と同様に何か原因があります。
手足口病が原因の症状は多くの場合、痛みが眠れない原因となることが多いです。
眠ることは子供にとって手足口病が治るために必ず必要となります。
そこで、眠れない原因をうまく取り除いて睡眠時間を確保することが重要です。
医師に相談して手足口病の症状を緩和するために消炎剤の処方をしてもらうことが望ましいです。

 

 

【眠れない原因を解消することは保護者にも重要なこと】
手足口病の対処法として、子供の手足口病を治すために眠れない原因を解消することが重要なのはもちろんですが、これは保護者にも重要なことです。
子供が眠れないとその分看病している保護者も眠れないことになってしまいます。
体力勝負ですから大人が睡眠時間を確保するためにも手足口病の対処法として、眠れない原因を解消できるよう努めましょう。

 

子供が手足口病で眠れない原因には痛みがあります。
そこで、手足口病の対処法として、医師に相談して眠れない状態が続くようなら消炎剤を処方してもらいましょう。

 

スポンサーリンク

 

【手足口病の湿疹を少しでも早く治すには】
手足口病は熱が下がれば保育園や幼稚園への登園ができます。
しかし、湿疹が出ていてそこが乾燥していないと二次感染を起こす原因となるものです。
そこで、手足口病の対処法として、しっかりと湿疹を抑える対策をすることが重要です。

 

手足口病の痒みの症状が強く掻きむしっているという場合には、多くの医師は手足口病の対処法として抗ヒスタミン薬を処方します。
この抗ヒスタミン薬は手足口病を治すものではなく痒みの症状を緩和してくれるものです。
塗布することで痒みが緩和されるのでかき壊すこともなくかさぶたが早くできて湿疹の治りを早くしてくれます。

 

子供によっては抗ヒスタミン薬を塗布してもなかなか痒みが引かないこともありますし、通院するまでの待ち時間にも痒くて泣きじゃくってしまうことがあります。
そのような時には極力皮膚表面の体温を下げるため保冷剤で冷やすことが有効です。
手足口病の対処法として手足口病で湿疹の症状が出たらかき壊さないように対処することが重要です。
これは治りを早くするためだけでなく二次感染予防の意味もあります。

 

 

【二次感染を防ぐ方法】
手足口病の症状として水泡ができることが最も問題です。
これは水泡を潰してしまうと中から感染力の高い汁が染み出してしまい、触れた人が二次感染してしまうのです。

 

保育園や幼稚園では手足口病にかかっても熱が下がれば登園して良いとされています。
熱が下がっても水泡が完治していない状態で登園することがほとんどです。
そのため、水泡の症状があってもしっかりとガーゼで覆っておいたり乾燥している状態になったりしていないと他の人にうつる可能性はあるのです。

 

手足口病はいつまでうつるかということは一般的に症状が出てから10日ほどであると言われています。
しかし、大事なことはいつまでうつるかということを考えてその期間の外出や登園を控えることではなく、水泡の症状によって適切な対処をして登園や外出をすることです。

 

 

【手足口病の再発を防ぐには】
手足口病は一度かかっても何度かかかることがあります。
毎年のようにかかる子もいますし、子供によってはワンシーズンで何回かかかるということもあります。
これは、ウイルスに何種類もあることが原因です。
一度かかっても次には違うウイルスが原因で感染することがあります。
そのため、感染するウイルスの違いがあるために2回目の症状が軽くなるとは限りません。
手足口病の2回目の症状が軽くならないとなれば、手足口病の対処法としてできるだけ日々の生活でかかることを防ぐことが重要となります。
そこで、最も大切なことが手洗いとうがいの徹底です。
感染経路として最も多いのが飛沫感染と接触感染になります。
そこでウイルスが付着することと体内に侵入することを防ぐためにも手足口病の対処法として、しっかりとうがいと手洗いをすることが望ましいです。

 

もしも家族に手足口病の人が出たら、同じ食器やタオルを使わないようにすることやマスクをすることも重要です。
また、抵抗力が落ちると感染しやすくなりますから看病で忙しかったとしても、睡眠や栄養は十分に取ることも合わせて心がけましょう。
特に流行するのは夏場であり、夏バテで疲れが出てきやすい季節でもあります。
食欲が落ちやすい季節でもあるので特に食事は気をつけて栄養をしっかりと摂取できる食事を意識しましょう。

 

手足口病は2回目の症状が軽くなる病気ではありません。
そこで日々予防することが重要ですし、万が一かかってもすぐ治るように日頃から栄養バランスのとれた食事と睡眠を心がけることが重要です。

スポンサーリンク