手足口病 子供 眠れない原因

手足口病で子供が眠れない原因

スポンサーリンク

手足口病は毎年夏に流行する感染症です。
特に小さな子供が感染することが多く、感染すると眠れなくなることがほとんどです。
ここでは眠れない原因にどのようなものがあるのかを紹介します。

 

 

【手足口病の症状】
手足口病になると発熱、喉の痛み、口内炎、手足口に発疹・水泡といった症状が出ます。
この発疹は手先や足先、口腔内以外にもお尻や口の周り、膝裏といった場所まで出てくることもありかなり広範囲に広がる場合もあるものです。

 

これらの症状が出ることでも特に問題となるのが口の発疹です。
口の発疹が出ると食事をする際に口の中に痛みが出てしまうために食欲が落ちてしまったり、脱水症状を起こしてしまったりすることもあります。

 

 

【子供が泣きやまない】
赤ちゃんや子供は体調が悪くても自分の症状を説明することができません。
そのために泣きやまないことも多くあります。
泣いているのは赤ちゃんにとって何か伝えたいことがあるためです。

 

そこで、手足口病になると症状の辛さから泣きやまないこともあります。
赤ちゃんや子供が泣きやまないということで大人は焦るものですし、なんとか泣きやませたいと思うものです。
泣き止むためには症状を緩和することが重要となります。

 

スポンサーリンク

 

【眠れない原因】
手足口病になると、赤ちゃんや子供が泣きやまないことからなかなか眠れないこともあります。
このような眠れない原因は泣きやまない原因と同様に何か原因があります。
多くの場合、痛みが眠れない原因となることが多いです。
眠ることは子供にとって手足口病が治るために必ず必要となります。

 

そこで、眠れない原因をうまく取り除いて睡眠時間を確保することが重要です。
医師に相談して手足口病の症状を緩和するために消炎剤の処方をしてもらうことが望ましいです。

 

 

【眠れない原因を解消することは保護者にも重要なこと】
子供の手足口病を治すために眠れない原因を解消することが重要なのはもちろんですが、これは保護者にも重要なことです。
子供が眠れないとその分看病している保護者も眠れないことになってしまいます。
体力勝負ですから大人が睡眠時間を確保するためにも眠れない原因を解消できるよう努めましょう。

 

子供が手足口病で眠れない原因には痛みがあります。
そこで、医師に相談して眠れない状態が続くようなら消炎剤を処方してもらいましょう。

スポンサーリンク