手足口病 臨月の妊婦 影響

臨月の妊婦が手足口病にかかると胎児に影響があるのか

スポンサーリンク

手足口病は夏になると子供達の間で流行するものですが、中には大人でも感染する人がいます。
特に二人目や三人目を妊娠中という人は幼稚園や保育園から子供や自分がウイルスをもらって感染するというケースも少なくありません。
その際、特に心配なのが臨月の妊婦がかかった場合にはどのような影響があるかということです。

 

 

【臨月の妊婦への影響】
臨月の妊婦ともなればこれから出産があるために極力病気にかからずに安静に過ごしたいものです。
特に胎児への影響もあり薬を飲むことができないですから、臨月の妊婦のような体も思うように動かせないという状況では手足口病のような発熱や発疹の出る病気は体への負担も大きくなります。
そして、心配になることが胎児への影響です。
特に大人の手足口病は重症化すると言われているために、その不安は特に大きなものになります。

 

基本的に臨月の妊婦はもちろんのこと、妊娠中の人にとって手足口病にかかることで何か胎児に悪影響が出るということはないとされています。
ただし、中には流産や死産、退治の病気があるというケースもありますから絶対に大丈夫とは言えません。

 

スポンサーリンク

 

【臨月の妊婦でもできる予防策】
臨月の妊婦となれば少しでも病気になることは避けたいものです。
手足口病はもちろんのこと、何の病気でも胎児に影響があることもありますから病気をしないように予防できることは常にしておきたいものです。
手足口病以外の病気でも投薬治療を受けられないこともありますし薬の種類も限られているので極力予防を心がけるようにしましょう。

 

予防として重要なことはウイルスの侵入を防ぐことです。
そこで、手洗いやうがいをしっかりとすること、保育園や幼稚園といったウイルスの多い場所に行く時にはマスクをすることも効果があります。

 

臨月の妊婦が手足口病に感染しても特に胎児に影響が出ることはないと言われています。
しかし、絶対に影響がないというわけではないですし体への負担も大きいですからしっかりと日々の生活で予防に努めるようにしましょう。

スポンサーリンク