手足口病 2回目の症状

手足口病の2回目の症状

スポンサーリンク

手足口病は一度かかってもまたなることがあると言われています。
ただし、多くの病気は一度かかると免疫ができ、2回目の症状は軽くなると言われています。
手足口病も同様に2回目の症状は軽くなるものなのでしょうか。

 

 

【手足口病の2回目の症状】
手足口病は一度かかっても何度かかかることがあります。
毎年のようにかかる子もいますし、子供によってはワンシーズンで何回かかかるということもあります。
これは、ウイルスに何種類もあることが原因です。
一度かかっても次には違うウイルスが原因で感染することがあります。
そのため、感染するウイルスの違いがあるために2回目の症状が軽くなるとは限りません。

 

2回目の症状を軽くするという方法も残念ながらありません。
そこで重要なのが手足口病の再発を防ぐということになります。

 

スポンサーリンク

 

【手足口病の再発を防ぐには】
手足口病の2回目の症状が軽くならないとなれば、できるだけ日々の生活でかかることを防ぐことが重要となります。
そこで、最も大切なことが手洗いとうがいの徹底です。
感染経路として最も多いのが飛沫感染と接触感染になります。
そこでウイルスが付着することと体内に侵入することを防ぐためにもしっかりとうがいと手洗いをすることが望ましいです。

 

もしも家族に手足口病の人が出たら、同じ食器やタオルを使わないようにすることやマスクをすることも重要です。
また、抵抗力が落ちると感染しやすくなりますから看病で忙しかったとしても、睡眠や栄養は十分に取ることも合わせて心がけましょう。
特に流行するのは夏場であり、夏バテで疲れが出てきやすい季節でもあります。
食欲が落ちやすい季節でもあるので特に食事は気をつけて栄養をしっかりと摂取できる食事を意識しましょう。

 

手足口病は2回目の症状が軽くなる病気ではありません。
そこで日々予防することが重要ですし、万が一かかってもすぐ治るように日頃から栄養バランスのとれた食事と睡眠を心がけることが重要です。

スポンサーリンク