手足口病 湿疹 治癒期間

手足口病の湿疹の治癒期間

スポンサーリンク

手足口病になると多くの人が湿疹で悩むものです。
症状も人によって違いますし治癒期間も違います。
そこで、ここでは治癒期間がどのくらいなのかということと少しでも早く治すための方法を紹介していきます。

 

 

【手足口病の治癒期間】
手足口病になると熱が下がれば登園も外出も問題ないとされています。
しかし、完治するまでの治癒期間はかなり長いものです。
特に水泡ができてしまうとかゆみが出ることも多く、そこから湿疹が全身に広がることも多くあります。
これがなかなか完治するまでに時間がかかる原因です。

 

 

【手足口病の治療方法】
手足口病には特効薬がありません。
そのため対処療法をするしかないのです。
湿疹を掻きむしってしまうとそこからウイルスが入ってしまったりとびひとなって全身に広がったりしてしまいますが少しでも症状を緩和するために薬を塗布することが必要になります。

 

ウイルスが入ってしまっている場合には塗り薬だけ得なく抗生剤を処方されることもあります。
痛みやかゆみを少しでも緩和することが治癒期間を短くするためには重要です。

 

スポンサーリンク

 

【湿疹を抑える方法】
手足口病になって湿疹が出てしまったら治癒期間を少しでも短くするためには湿疹を抑えることが重要です。
最後まで残る症状が湿疹です。
そこで、まずは掻きむしったり触らないように気をつけるようにしましょう。

 

特にジュクジュクとした水分のある状態だと、そこから接触感染を起こすこともありますし、新たなウイルスが侵入して悪化することがあります。
そこで、できるだけ触れないようにガーゼや絆創膏で覆っておくこと、薬でかゆみを緩和することが重要です。

 

手足口病は熱が下がれば登園や外出ができますが治癒期間としては2週間くらい見ておく方が良い病気です。
二次感染を防ぐためにもその期間は注意をしましょう。
手足口病は治癒期間としては2週間ほどと言われていますが、湿疹が出ている場合には二次感染を防ぐためにガーゼや絆創膏で傷を隠す配慮をすることが重要です。

スポンサーリンク