手足口病 大人 跡 残らない方法

大人の手足口病と跡の残らない方法

スポンサーリンク

手足口病といえば子供のかかる病気と思われがちですが大人も感染することがあり、重症化する傾向があります。
そこで、予防策と感染した場合に跡が残らない方法を紹介していきます。

 

 

【大人の手足口病に注意を】
大人は手足口病にかかると重症化する傾向があります。
水泡が全身にできてしまったり、熱が長期化することも多いです。
そこで、日頃から感染予防のための手洗いやうがいをしっかりとしておきたいですし、子供がかかったり子供の保育園や幼稚園で流行し始めたらマスクをしたり同じタオルや食器を使わないようにしたりといった予防が重要です。

 

 

【手足口病と発疹】
手足口病の症状として有名なのが発疹です。
名前の通り手のひらや指先、足の裏や付け根といった部分や口の中に水泡ができてそこからとびひのように全身に広がることもあります。
かゆみを伴うことが多いので、掻き壊してしまうことも多く、掻きすぎてしまうと跡が残ることも多いです。

 

子供は代謝が良いので赤く腫れたとしても綺麗な肌に戻ることが多いですが、大人は子供よりも代謝が悪いので感染した時にしっかりと跡が残らない方法を実践することが重要です。

 

スポンサーリンク

 

【大人の手足口病で跡が残らない方法】
大人は子供よりも代謝が悪いですから水泡や?き壊しの跡が残らない方法をしっかりと実践することが重要です。
残らない方法としてやはり重要なのが触らないことと肌に良いことをして新陳代謝を活発にするということがあります。

 

まず、掻きむしらないことや触らないためにするべきことが常に肌を清潔にして薬を塗布することです。
多くの場合かゆみ止めとなる薬が処方されており、これを塗布することで痒みが軽減できます。
それでも抑えられない時には冷やすと効果的です。

 

食べ物については肌に良いと言われているものでも特にビタミン不意が豊富なものを意識的に摂取することが望ましいです。
これによって抵抗力も上がり早く治す効果もあります。

 

大人の手足口病は跡が残りやすいので残らない方法をしっかりと取ることが重要です。
跡が残らない方法として水泡を触りすぎないということ、ビタミン類を積極的に摂取することがあります。

スポンサーリンク