手足口病 症状 何回もなる

手足口病の症状と何回もなる原因

スポンサーリンク

手足口病は感染しやすい病気と言われていますが、中には何回もなる人がいます。
そこで、ここでは何回もなる人の症状とその原因、対処法を紹介していきます。

 

 

【手足口病に何回もなる原因】
病気の中には一度かかると免疫ができて感染しにくくなるものがあります。
手足口病も基本的にはこのような病気であり一度かかると免疫ができると言われています。
しかし、中には何回もなる人がいます。

 

このような何回もなるのは原因があります。
それがウイルスの違いです。
手足口病になるにはいくつかの原因ウイルスがあります。
そのため、一度免疫がついたと思ってもそれはそのウイルスでの感染についてだけであり、それ以外のウイルスで感染することがあるのです。
これが何回もなる原因です。

 

スポンサーリンク

 

【手足口病に何回もなることを防ぐ方法】
手足口病は接触感染がとても多いです。
これは症状として水ぶくれができることが原因です。
多くの子供が初期症状として熱が出て、その後水泡ができます。

 

水泡が潰れると中から汁が出てくるのですが、これがとても感染力の高いものです。
そのため、この汁に触れてしまうと感染してしまうのです。
そこで、登園や外出の際には水泡の症状がある場合には周囲に感染しないようガーゼでしっかりと覆うよう配慮することも重要です。

 

また、自分自身が予防するためにはしっかりと手洗いうがいをすることが重要です。
手足口病は熱が下がると症状が落ち着くことも多いですが、ウイルスはとても感染力が高く潜伏期間も長いです。

 

そのため、症状がないためにうっかりしがちですが、保菌者の使用したタオルや食器を使わないように気をつけたり水泡を触った手はしっかりと手洗いするようにしたりといった配慮をすることも重要です。

 

手足口病に何回もなる原因は感染するウイルスの違いです。
また、感染力が高く潜伏期間も長いので、症状が落ち着いていても油断せず家族もうがいや手洗いをしっかりとしたり二次感染を防ぐために水泡をガーゼで覆ったりといったこともしましょう。

スポンサーリンク