手足口病 熱 下がらない原因

手足口病で熱が下がらない原因と対処法

スポンサーリンク

手足口病は熱が出てもすぐ下がるというイメージが持たれがちですが、実際にはなかなか熱が下がらないということもあります。
そこでここでは下がらない原因とその場合の対処法を紹介していきます。

 

 

【手足口病で熱が下がらない原因】
手足口病は多くの子供がかかる病気ですが、中には看病している保護者や幼稚園や保育園の教諭がかかるということがあります。
このような大人に感染をすると子供の時より重症化しやすいことが多いです。
発熱も長く続いたり40度近くなったりすることも少なくありません。

 

基本的に病気にかかっても大人の方が免疫があったり体が大きかったりすることから治りは早いとされています。
しかし、手足口病は重症化しやすいですし、子供のうちにかかっていても再び感染することが多いです。

 

特に、大人は一度かかった経験があることが熱が下がらない原因となることも多いです。
免疫があることで体がウイルスの侵入を許してしまうことがあり、これが下がらない原因となるのです。

 

また、子供が病気になると大人は看病の必要があります。
子供の手足口病を看病していて、自分のことが後回しになってしまうことも少なくありません。
そのようなことになると、食事や睡眠が十分でない状態が続き抵抗力が落ちているために熱が下がらない原因となるのです。

 

スポンサーリンク

 

【手足口病の熱が下がらない原因とその対処法】
大人は子供より重症化しやすいですから、子供が手足口病になったら熱が下がらない原因となる抵抗力の低下を防ぐことが重要です。
看病が忙しくても時間を見つけて睡眠や食事をしっかりと取るようにしましょう。

 

また、看病をするときにはマスクを着用すること、こまめに手洗いすることも重要です。
子供に湿疹があり乾燥していない状態の時は汁からの二次感染も多いですから特に手洗いを心がけるようにしましょう。

 

大人が手足口病に感染して熱が下がらない原因として抵抗力の低下があります。
そこで食事や睡眠を気をつけると同時に感染を防ぐための手洗いとマスクも重要です。

スポンサーリンク