手足口病 病院 何科 受診

手足口病で病院に行く場合、何科で受診すれば良いのか

スポンサーリンク

手足口病は多くの子供がかかる病気ですが、病院に行く際には何科で受診すれば良いか悩むものです。
そこで、ここでは病院に行くべきなのか、そして受診するならば何科に行けば良いのかを考えていきます。

 

 

【乳幼児がかかりやすい手足口病】
手足口病は夏に流行する感染症の一つで、夏風邪の一種とも言われています。
感染者のほとんどが5歳以下で毎年夏になれば多くの幼稚園や保育園で流行する病気です。
感染力が高いので、どうしても集団生活の場面では感染しやすいのです。

 

 

【手足口病は病院で受診べきなのか】
手足口病は風邪の一種ということ、感染力が高いこと、治療するための薬がないことから病院に行くことをためらう人も少なくありません。
また、病院には色々な病気の子供が集まるために他の病気をもらうことを心配する人もいます。
治療薬がなくても症状を緩和するための薬は処方してもらえますから痒みや発疹があるという場合には受診するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

【手足口病は何科で受診すれば良いのか】
手足口病は発疹が出たり熱が出たりと症状が様々です。
そのため、多くの人が病院に行こうと思っても何科を受診すれば良いかで悩むものです。
確かに病院には色々な診療科があるために何科が良いかということは気になりますが、実は何科でも問題ありません。

 

湿疹や発熱といったことから、内科、皮膚科、小児科のどこかを受診すれば熱を下げる薬や口内炎や湿疹への塗布薬を処方してもらうことができます。
手足口病の薬はないので対処療法となりますが、これらでも症状の緩和ができ治りを早くする効果があります。
薬を飲むことですぐに完治するわけではないですが、症状が緩和できれば眠れるようになったり食事が摂れたりかき壊すことができたりすることで治りが早くなるのです。

 

手足口病になった場合、何科を受診すれば良いかで悩むことがありますが、内科・小児科・皮膚科のどこかに行けば必要な対処をしてもらうことができます。

スポンサーリンク