手足口病 発疹 ひどい 対処

手足口病で発疹がひどい時の対処法

スポンサーリンク

手足口病の症状として最も悩ましいのが発疹です。
かゆみを感じる子供も多いですし体のいたるところに症状が出てしまう子供もいます。
この時家でできる対処法にはどのようなことがあるのでしょうか。

 

 

【手足口病の発疹】
手足口病の症状として多くの人が悩むのが発疹です。
子供によっては身体中に出て痒さから掻きむしってしまったり、?き壊して痛みが出てしまったりすることがあります。
このようなひどい症状が出てしまうと痛みや痒みから泣きやまないことがあります。
早く治すためには睡眠が必要ですから泣きじゃくって眠れない状況は避けたいものです。

 

そのような状態になれば発疹を抑えるためにも病院に行くことが必要になります。
ただし、通院できる時間に症状が出るとは限りません。
そこで、少しでも早く子供が症状で苦しまなくて良いように、自宅でもできる対処法を知っておくことが重要になります。

 

スポンサーリンク

 

【手足口病の発疹の原因とひどい症状への対処法】
手足口病で発疹が出るのは、ウイルスと体が戦っている証拠です。
免疫系がウイルスを排除するために出るものなのですが、その指令を伝達する物質にはヒスタミンというものがあります。
このヒスタミンは発疹の原因となるひとつです。

 

ヒスタミンが分泌されると、手足口病の場合には血管が反応して水分を皮膚の下に染み出させて発疹となります。
ヒスタミンの分泌量には個人差があり、子供によってはかなりひどい症状となることがあるのです。

 

そこで、あまりにも症状がひどい場合には通院して医師に薬をもらうことが最も大切な対処法です。
手足口病の際には塗布薬が処方されるのですが、これは抗ヒスタミン薬というものです。
この抗ヒスタミン薬はヒスタミンの働きを抑えることができるので痒みが抑えられます。
そこで、痒みへの対処法としては、この薬を塗布することが理想的です。

 

ただし、症状がひどいと薬を塗っただけでもなかなか楽にならないことがあります。
そこで、次の対処として少しでもかゆみを抑えるために冷やすということが大切です。
冷やすことで皮膚表面の体温が下がるのでえかゆみを緩和することができます。
ひどい痒みもかなり楽になるので、これだけでも違ってきます。

 

手足口病の発疹がひどい場合、多くの子供はかゆみや痛みと戦うことになります。
そのような時の対処法として、医師から処方された薬を塗布することと冷やすことが効果的です。

スポンサーリンク