大人の手足口病 感染率

大人の手足口病の感染率はどのくらい?

スポンサーリンク

手足口病は子供がかかる場合が多いとされていますが、大人の手足口病の感染率はいったいどのくらいなのでしょうか。
大人の手足口病は子供よりひどくなりやすいと言われています。
感染率を下げられる方法を調べてみましょう。

 

 

【大人の手足口病の感染率】
手足口病の感染の9割は5才以下の子供と言われていて大人が手足口病にかかる感染率は一般的に0.6%と言われています。
大人の場合体調がいい時なら感染する確率は下がりますが、抵抗力が落ちている、体調が悪い時にかかりやすいようです。
大人の手足口病は子供よりも重症化しやすいので体調管理には気をつけましょう。

 

 

【感染しやすくなる行為】
手足口病は飛沫感染、接触感染、糞口感染で感染すると言われています。
手足口病にかかっている人とタオルを共有、おむつをマスクをせずに素手で取り換えるなど、水泡など患部に接触するなどしていると大人の手足口病にかかる確率は上がってしまうでしょう。
感染率をあげないためにも普段とは違う工夫が必要となってきます。
体調を崩している時も感染率が上がるので体調管理にも気を配るようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

【感染する確率を上げないために大事なこと】
手足口病にかかっている家族がいる場合は体内からウイルスがいなくなるまではタオルを共有しない、マスクをして使い捨て手袋でおむつを取りかえる、うんちの処理もビニール袋にしまうようにすると感染する確率を下げることができます。
抵抗力をあげるのも大人の手足口病の感染率を下げるために必要なことです。

 

 

【万が一感染した時】
手足口病自体の特効薬はありませんが、発疹、熱などに対する対処療法を行い出ている症状を緩和させることはできます。
あとは悪化しないよう安静にする事が要になります。
大人の手足口病の場合出社はできますが、食品を扱う仕事は感染率を上げる可能性があるためしばらく休んだ方がいいかもしれません。
出社する際はマスクをして人に移さないよう気をつけましょう。

 

いかがでしょうか。
大人の手足口病の感染率を下げる工夫はそれほど難しいことではありません。
普段から感染しないよう手洗い、うがいなど意識して行うようにしたり抵抗力を上げるよう体調管理に気を配っていきましょう。

スポンサーリンク