手足口病 プール かさぶた

手足口病でかさぶたがある時にはプールに入れるのか。

スポンサーリンク

手足口病が流行するのは夏場です。
そのため幼稚園や保育園、プライベートでプールに入りたいと考える人も多くいます。
そこでかさぶたが残っている時にはプールに入っても良いのでしょうか。

 

 

【手足口病の症状】
多くの子供が手足口病になると発疹が出てかき壊してしまいます。
そしてその跡がかさぶたとなることも少なくありません。
せっかく体調が良くなって保育園や幼稚園に行ける状態になっても、そのような状態だと気になるのがプールのことです。
とびひの状態になるとプールに入って他の園児に映る心配もあります。
そこで、登園についても心配が出てきてしまいます。

 

手足口病が流行するのは夏場です。
そのため子供の楽しみなのはもちろんですが、暑さを緩和するためにも汗を流すためにもプールに入ることはとても大切なことでもあります。
そこで、できるならば少しでも早く保育園に入りたいと思うものです。

 

スポンサーリンク

 

【プールはいつから入れるのか】
手足口病になると熱が下がれば登園ができるということが一般的です。
そのため発疹のかさぶたが残っている状態でも登園して構わないということになります。
ただし、ウイルスは発症してから1ヶ月は体内に残っていると言われています。
そのためかき壊して汁の出ている状況だとプールはもちろんのこと園内で園児との接触によって移してしまう可能性があることを覚えておきましょう。

 

基本的にかさぶたの状態になっていればそこから感染をするということはありません。
ただし、子供がかさぶたをひっかくとそこから二次感染が起こる恐れはあります。
そこで、一般的にはかさぶたになっていてもかゆみがある場合にはガーゼや絆創膏でガードしておく方が安心できます。

 

手足口病の場合、発疹がかさぶたとなって完全に消えるまでは10日から2週間と言われています。
完全に消えるまで待つ必要はありませんが、手足口病にかかってから1週間ほどは安静にする意味も兼ねてかさぶたの状態に関係なくプールはおやすみしておく方が安心と言えます。

 

手足口病にかかった時にはかさぶたの状態に関係なく1週間ほどはプールに入るのに様子を見た方が安心できると言えます。

スポンサーリンク