手足口病 ウイルス 生存期間

手足口病のウイルスの生存期間を知って感染を防ごう

スポンサーリンク

手足口病は人に移る可能性のある病気です。
周りの人がかかってしまった時どうしたらうつらずに済むでしょうか。
ウイルスの潜伏期間や生存期間、対処方法を知り、少しでも感染する確率を減らしましょう。
そうすれば不安は減るはずです。

 

 

【潜伏期間とウイルスの生存期間】
手足口病のウイルスは潜伏期間が3〜5日、症状は3〜7日で治まるとされています。
中には感染しても発症せずに済む人もいるそうです。
症状自体は数日で治まりますが、そこで油断しないようにしましょう。

 

手足口病のウイルスの生存期間は長くしばらくは体内からウイルスの排出が続きます。
生存期間は呼吸器からは1週間、便からは2〜4週間と言われているので症状が無くなったからと言って感染しないための工夫を怠ると感染してしまう可能性があります。
想像以上にウイルスの生存期間の長い病気ですね感染しないためにはどうすればよいのでしょうか。
以外とその方法はシンプルなようです。

 

スポンサーリンク

 

【効果的な対処方法】
手足口病は飛沫感染、接触感染、糞口感染で感染すると言われています。
そのため、手足口病の家族がいる場合はウイルスの生存期間が過ぎるまではタオルの共有をしない、手洗いうがいをしっかり行う、乳幼児のおむつを取り替える場合は使い捨て手袋、マスク、ビニール袋で直接便が手に触れないようにするなど以下の点に気をつけて生活しましょう。

 

手足口病の症状が治まるとつい気が緩んでしまいそうになりますが、生存期間が過ぎるまではけして油断をしないでください。
特に手足口病は大人が感染すると重症化しやすい病気なのでなるべくならないよう日頃から免疫力を上げる努力も忘れないようにしましょう。

 

手足口病のウイルスの潜伏、生存期間、効果的な対処方法が分かれば感染する確率をさげることができます。
対処方法は簡単なので日頃から実践することを忘れないようにしてください。
そうすれば万が一手足口病にかかっても軽くすむでしょう。

スポンサーリンク