手足口病 症状 湿疹

手足口病の症状と湿疹への対処法

スポンサーリンク

手足口病になると悩まされるのが湿疹です。
熱は下がって元気でも湿疹がなかなか治らないということがありますし、痒がって掻き壊すこともあります。
そこでここでは湿疹への対処方法を紹介していきます。

 

 

【手足口病で悩みとなる症状】
手足口病になって多くの人が悩む症状が湿疹です。
皮膚が痒くなってしまい掻きむしってしまうことが多いですし、子供はなかなか我慢ができず痒みの症状が出ると泣きじゃくったり?き壊して傷がひどくなることも少なくありません。

 

かき壊してしまうと汁が出てきてしまい、そのような症状になるとなかなか治らなくなってしまいます。
手足口病になっても痒みは個人差があり子供によってはかなり痒がることがあります。
痒みがあると機嫌も悪くなりますし寝つきや食事にも影響が出て治りが遅くなることもありますから、極力症状を楽にできるようにすることが必要です。

 

スポンサーリンク

 

【手足口病の湿疹を少しでも早く治すには】
手足口病は熱が下がれば保育園や幼稚園への登園ができます。
しかし、湿疹が出ていてそこが乾燥していないと二次感染を起こす原因となるものです。
そこで、しっかりと湿疹を抑える対策をすることが重要です。

 

手足口病の痒みの症状が強く掻きむしっているという場合には、多くの石は抗ヒスタミン薬を処方します。
この抗ヒスタミン薬は手足口病を治すものではなく痒みの症状を緩和してくれるものです。
塗布することで痒みが緩和されるのでかき壊すこともなくかさぶたが早くできて湿疹の治りを早くしてくれます。

 

子供によっては抗ヒスタミン薬を塗布してもなかなか痒みが引かないこともありますし、通院するまでの待ち時間にも痒くて泣きじゃくってしまうことがあります。
そのような時には極力皮膚表面の体温を下げるため保冷剤で冷やすことが有効です。

 

手足口病で湿疹の症状が出たらかき壊さないように対処することが重要です。
これは治りを早くするためだけでなく二次感染予防の意味もあります。

スポンサーリンク