手足口病 症状 咳と鼻水

"手足口病の症状として咳と鼻水が出ることはあるのか。 "

スポンサーリンク

手足口病の症状といえば、手や足、口に出る発疹が有名です。
しかし、中には咳と鼻水が出るという人もいます。
そこで、ここでは手足口病の症状として咳と鼻水が出るのか、そして多くの人が悩む夏風邪との見分けを紹介していきます。

 

 

【手足口病の症状と夏風邪との見分け方】
手足口病の症状として多くの人が認識するのが発疹や発熱です。
しかし、もともと夏風邪の一種ということもあり、咳と鼻水が出るということもあります。
これは人によって違いますし、夏風邪の延長で手足口病にかかったりその逆もあるので、咳と鼻水の症状がどちらからくるものなのかというのは見分けが難しいものです。

 

スポンサーリンク

 

【手足口病の症状緩和と咳と鼻水への対処】
手足口病には薬がなく対処療法しか行えません。
そこで、薬によって症状を緩和して回復を待つことしかできないのです。
そのため、夏風邪との見分けをすることが重要なのではなく、咳と鼻水がある場合には夏風邪の可能性も考えて薬を処方してもらうことが重要です。

 

咳と鼻水がひどい場合、湿疹があると体への負担が大きく子供はぐずってしまい睡眠不足になったり食事ができずに栄養不足になったりして治りが遅くなってしまいます。
そこで、咳と鼻水への薬を処方してもらうことで鼻の通りを良くしたり、気管を広げて咳を和らげたりすることだけでも大幅に楽になります。

 

医師は子供の症状を見れば必要な薬をきちんと処方してくれますし適宜指示をしてくれますから、それに従ってケアをするようにしましょう。
手足口病は熱が下がれば登園していいとされていますが、あまりにも咳や鼻水が続いているようであればそれが落ち着くまでは休ませることも検討する必要があります。

 

手足口病になった場合には、人によって、咳と鼻水などが出ることがあります。
この場合、少しでも早く治すためにもしっかりと咳や鼻水についても治す必要があります。
そこで、適宜薬を飲んで症状を緩和するよう努めましょう。

スポンサーリンク